農園日記-20180218

2月も後半に入り、だんだん春に近づいてきました。

MITUでは、今露地野菜はほとんどなく、ハウスでミニ白菜と春菊を少しばかり育てています。

春菊は日差しが暖かくなってきたこともあり、急に大きくなり、うっそうとし始めました。

 

収穫も徐々に本格化しそうです。

 

昔は春菊の独特の苦味が苦手でした。

特に、胡麻和えにしたときには苦味が引き立つような感じがして。 

 

そんな春菊も自分で作り始めてからは、旬(冬〜春頃)になるとバクバク食べます。

旬の春菊は香りが豊かで、茎も柔らかめ。

MITUでは、3月くらいまで収穫します。

 

品種にもよるかと思いますが、MITU(主に佐藤ですが、、)では水洗いして生かさっとゆでる程度で

食べることが多いです。

 

生のほうがあの独特の苦味が少なくて食べやすいんですよ。

 

詳しくは、次のブログにて。