野菜の選び方

野菜を選ぶ時、どんな風に選びますか? 

 

 

調理しやすい大きめの野菜を選ぶ人

小さい野菜を選ぶ人

無農薬の野菜を選び人

お手頃な野菜を選ぶ人

 

選び方には様々あろうかと思います。

今日はMITUでよく質問がある”野菜の選び方”についてお話したいと思います。

 

無農薬野菜を買うときの注意

 

虫食いは安全?

よく「虫が食べているほうが安全で美味しいんですよね?!」と

聴かれることがあります。 

 

虫が食べている=安全で美味しい、とは限りません。 

 

確かに虫がついている、ということは少なくとも農薬は

使われていないか、減農薬の可能性が高いです。 

 

虫食いが多すぎる野菜は、生育に適切な環境で育った野菜ではないことが

多いです。肥料が多すぎたり、土壌の栄養分が少なかったり。 

 

ですので、「虫がたくさん食べているから、安全な野菜だよ!」と

売り込んでくる方には注意したほうが良いです。 

 

無農薬で野菜を育てていると、全く虫がつかないということは稀ですが、

虫がたくさんつくというのも頻繁にはありません。  

 

 

大きい方が良い?

無農薬野菜を購入する際、「大きくて立派な野菜=健康な/自然栽培の野菜」と思って

購入される方がいます。 

 

調理をするときに、大きい方が調理しやすいですし、

同じ価格でも大きい方がお得感ありますよね。 

 

大きくて立派な野菜を育てている農家さんの中には、

有機質肥料や堆肥を大量に使用して育てている方が散見されます。 

 

肥料や堆肥を大量に使用すると、例えば、根菜類では中がスカスカだったり、

腐れていたり、葉物野菜では苦味が強くなる場合もあります。 

(*堆肥や有機質肥料を大量に使うと「甘くなる」ものもあります)

 

大きさで選ぶ際は、その野菜の適正の大きさのサイズを選ぶ

ことをおすすめします。 

 

ちなみに、野菜・品種によって大きさはバラバラです(汗)

 

葉物野菜は濃い緑が良い?

葉物野菜は濃い緑のほうが良いというお話。 

 

新緑の緑〜薄い緑の野菜を選ぶことをおすすめしています。

濃い緑は、硝酸態窒素という成分が多く含まれていることが

多いです。 

 

硝酸態窒素が多い野菜を摂取した赤ちゃんが酸欠状態になり、

死亡するという出来事がありました。

ブルーベビー症候群と言われるものです。 

 

農水省でも「野菜等に関する硝酸塩の情報」を掲載しています。 

 

乳児を除き人間には有害ではないとも言われていますが、

一部研究では発がんリスク等の影響があると言われています。 

 

まだまだ研究途中ではっきりしたことはわかっていないようです。 

 

無農薬野菜を買うときのポイント

以上、無農薬野菜を買うときのポイントをまとめると、 

 

①虫がたくさんついている野菜は避けた方が良い。

②野菜それぞれの適正な大きさを選ぶようにする。

③葉物野菜は新緑〜薄い緑のものが良い。

 

といえます。

ただ、ここでは伝えられていないこともたくさんあります。 

 

個別の野菜の選び方については、

信頼できる近隣の農家さんや

野菜の選び方の本を調べてみてくださいね。

 

 

自然農園MITUの畑では春〜12月まで毎週土曜日午前中に

「畑deマルシェ」を開催しています。

 

5組の農家が集まっているので、マルシェで

野菜の選び方や見分け方などをじっくり聴くこともできます。 

 

気になる方は、ぜひお気軽に起こしくださいね。