自然栽培とは

 

 

 

時折、お客さんや知人、通りすがりの方々に「なんで自然栽培なん?」と聞かれることがあります。 

今日はその話。 

 

自然栽培とは

 

みなさん、自然栽培というとどういうイメージをお持ちでしょうか? 

 

 

ほったらかし農法、肥料も何も与えずに育てる農法、草を抜かずに生かす農法、、、、 

時折、宗教的なものと勘違いされることもあります。 

 

 

確かに、かつての自然栽培実践者の先輩方の中には、神とか宇宙の力と表現している方もいました。 

 

 

自然栽培自体は定義がものすごく難しく、また広い意味で解釈しないといけないと考えています。 

でないと、人の揚げ足をとるように細かい点で「それは自然栽培ではない」という解釈ばかりに 

なってしまいますから。 

 

 

以前、公益財団法人自然農法国際研究開発センターの研究員の方が

自然栽培を定義するのは難しいとおっしゃっていました。 

 

 

極力肥料や農薬を使わずに栽培する試みも含めて、植物本来の力を最大限に引き出す農法を

突き詰めて行くことが自然農法ではないか、と。(私が説明を聴いて解釈した感じですが)  

 

 

なので、自然農法を目指している人も「自然栽培」の部類に入ることになります。

「自然農法転換中」という位置づけで。

 

 

自然栽培にも派閥(?)があり、◯◯式とか〇〇流自然栽培と呼ばれているものが

散見されています。 

 

 

それぞれで栽培方法が若干異なっていたり、考え方もまちまちです。 

また自然栽培という表現ではなく、別の言い回しとなっていることもあります。 

 

 

いずれにしても、これ!といった定義付けは厳しく、先も述べたように

「(化学農薬を使わず)植物本来の力を最大限引き出す農法」と

位置づけられているように考えられます。 

 

 

 

どんな自然栽培があるの? 

 

自然栽培にはどんなものがあるの? 

 

 

調べてみると、本当にいろいろなやり方や考え方があってなかなか

まとめきれません(汗) 

 

 

ざっくりと、まとめてみたいと思います。 

 

 

①無施肥、無農薬、不耕起、不除草 

これが一時期、「自然栽培」のテッパンかと感じるほど、

考えが浸透していました。

自然そのままに育てるという方式です。

一時期、この農法で取り組む人が多くいました。 

が、3〜5年くらいで多くの方が辞めていったと言われています。 

畑の養分を吸い続け、補給しなければ土がどんどん痩せていきます。

その痩せた状態になるのが営農開始から概ね3〜5年後であると考えられることから

その時期にやめていく人が多かったと言われています。 

 

②無肥料、無農薬、一部不耕起

①は堆肥や肥料を一切入れないという考え方でしたが、②では植物由来の堆肥であれば

OKという考え方です。これには一部、緑肥も含まれています。

また、全ての野菜を不耕起で育てるのは難しいので、根菜類は少し耕起しても

問題ないのでは、という見解のようです。

除草についてはしないことを勧めているものもあれば、

野菜の生育を阻害する可能性がある場合は除草することを勧めるという

ものまで幅広い考え方です。

 

 

③無肥料、自然由来の農薬、(一部)耕起

肥料に関しては②と同じ考え方です。一部の本では、動物性の堆肥もOKというのもあります。 

また、③では自然由来のものであれば忌避剤として使用可能であるとしています。

①、②は無農薬としていますが一部の食品(例えばワサビや酢)といった人の口に入るもので

病害虫対策をしているものもあります。

「農薬」は化学性のものでも自然由来のものでも植物に散布することで人への影響が少ない

ことを科学的に証明したものが「農薬」として登録されます。

つまり、農薬登録されていないものは、たとえ人の口に入るものであったとしても

危ない可能性は0ではない、ということになります。

また、耕起は一部あるいは全面OKとしているものもあります。

 

 

④化学肥料以外の堆肥・肥料、無化学農薬

化学肥料以外の堆肥・肥料であればOK。ただし植物由来か動物由来かで

野菜のランクが変わる。 

農薬は化学的に合成されたものでなければ、基本OK。

 

 

とざっくり大まかにまとめただけでも4つ程度になります。

細々としたのを含めると、さらに細かく細分化していきます。 

 

 

こう見ていくと、栽培方法1つとってもかなり幅広いことがわかりますね。

各々の理念やビジョン、思い、志が違うことが関係しています。

 

 

 

MITUと自然栽培?

なぜ、始めたのか?

 

なぜ、うちの農園では自然栽培を始めたのか。 

元々は私(佐藤)の探究心からでした。 

 

 

 

農業に興味を持ち始めた頃、化学肥料や化学農薬をガンガン使って栽培するのが 

当たり前でそれらを使わずに野菜を作るのはありえない!と言われるくらいでした。 

 

 

当時から少しひねくれていた私。 

そう言われてしまっては、化学肥料や化学農薬を使わずに栽培したくなってしまいます。 

 

 

 

また幼い頃から農薬に興味を持っていたこともきっかけになりました。

農薬に興味をもったのは、住んでいた地域の環境の変化があったから。 

 

 

 

本当に小さい頃は、夏になるとホタルが飛び交い、畑には多様の生物が住み、 

眺めているだけでも楽しい田舎生活を送っていました。 

 

 

 

それが物心つく頃にはだんだんホタルを見る機会も減り、

畑も静かになっていきました。 

 

 

 

そのことを祖母に聴きました。

「なんでホタルとかいなくなったの?」と。 

すると、「農薬使って、みんないなくなったのよ」と教えてくれました。

 

 

 

なんで農薬を使わないといけなかったのか、何故生き物を殺す必要があったのか、

それが不思議でなりませんでした。

 

 

 

思い立つとすぐに行動するタイプなので、ちょっと大きな家庭菜園レベルで 

化学肥料や農薬を使わずにあれこれと野菜を作り始めました。 

 

 

するとこれがまた面白かったのです。 

事細かに野菜の生育を観察したり、どうすれば肥料や農薬を使わずに作れるか 

調査と実験を繰り返したり。 

 

 

いろんな生き物が畑にいて、いろんな草が生えている。

それを一つ一つ分かる範囲で調べました。 

 

 

この虫はどんな虫なんだろ?野菜にはあまり良くないのかな?!

この草が生えているということは、土が肥えてるって祖母が言ってたっけ。

 

とか。 

 

 

自分なりに突き詰めていくと、堆肥や肥料などをごく少量の投入に抑えて

(必要であれば無施肥で)、緑肥(クローバーや麦など)を併用する農法が自分には合っていました。 

 

合っていた、というのは果てしなく溢れ出てくる探究心と妄想(イメージ)、栽培衝動、 

この方法で作った野菜の味、生き物に囲まれた環境が自分には合っていたということです。 

 

 

野菜も色々な方法で栽培したものを食べたり、 

スーパーや産直の野菜を買っては味見をしまくったりしました。 

 

 

その中で、自分がいいなと思ったのが、野菜「くさい」野菜。 

例えば、人参くさくて味の濃いもの、春菊ならあの独特の苦味が強いもの。 

 

 

そういう野菜を体が求めていましたし、それならばくばくと食べることができました。 

 

 

 

結局は自分の好き好みや興味でやっているのか?と突っ込まれそうですが、 

私にとっては農業は仕事ではなく、生き方。 

 

 

その生き方を突き詰めていきたいのです。

 

 

どんな農法をとってるの?

 

MITUでは、

 

1)基本的に、草生栽培(雑草やソルゴー、豆類をそのまま畑にすき込む)+

  堆肥(牛や馬由来の堆肥)、ボカシ肥料、ミネラル資材を各野菜に合わせて

  量を調節しながら散布。 

 

  ただし、震災後の圃場整備で草さえ生えない畑には一部化成肥料も使用し、

  0から植物が育つ土へと改良を続けています。

 

 

2)基本的に、無農薬。栽培期間中、どうしても虫の発生で野菜が全滅しそうなときは、

  自然由来の農薬(小麦粉の研ぎ汁や酢)を使用。 

 

 

3)畑は耕起。マルチなどの資材は適宜使用。 

 

 

4)除草

  野菜の成長度合いなど見ながら、必要に応じて草を取ります。

  取った草は、そのまま乾燥させて畑にすき込むか、炭化させて

  畑にまいています。 

 

 

自然栽培にはいろいろな方法がありますが、どんな方法であれ、

植物本来の力を最大限引き出し、健康な野菜を育てるところに

行き着くのではないかなあと考えています。