野菜の選び方ー有機野菜と慣行栽培の野菜に違いはあるのか?

有機野菜と慣行栽培の野菜には違いがあるのか?

 

 

有機野菜と慣行の野菜を食べ比べると、 

有機野菜の方が「味が違う!」とか「濃い!」とか「甘い!」と 

評価する方がたくさんいます。 

慣行栽培の野菜は、味がしないとかエグみが強いと評価する人も。

 

 

 

では、科学的に(栄養学的に)何か違いはあるのでしょうか? 

 

 

 

今日はそんな話題です。 

 

 

 

1990年代頃から、有機野菜と慣行野菜には違いがあるのか?をテーマにした論文が出ています。 

 

 

概ね、違いはない、というのが多くの論文の見解でした。 

 

その中で、2013年に日笠 志津さんが発表した論文で、 

有機野菜と慣行野菜の違いを考察している内容があります。 

 

 

5年間の研究期間に、レタス、小松菜、ほうれん草の3つの野菜を 

それぞれ慣行栽培農家、有機農家から取り寄せ、 

成分分析と官能試験(味や見た目の良し悪しなど)を行なったそうです。 

 

 

細かい試験内容等についてはこちらでは取り上げず、実際の論文を読んでいただくとして、、、、、 

 

 

レタス

慣行、有機で栄養に差はなし。官能試験でも差はなく、 

むしろ土壌環境により(リンなどの栄養がたくさん含まれているか否かにより) 

味の良し悪しが決まってくる。 

 

 

小松菜

 

栄養に差はなし。官能試験では、有機栽培で見た目、味が良いという結果に。 

ただし、品種によっては、慣行野菜の方が良いという結果もあった。 

 

 

ほうれん草

 

栄養に差はなし。官能試験では、生での見た目が有機、茹でた後は慣行の方が良い。 

味は有機の方が良いという結果に。 

 

 

それぞれ栄養成分を見ると、双方に差は見られませんでしたが、 

官能試験では品目によっては差が出ていました。 

 

 

試験内容を見ると、施肥条件や土壌の成分を調べずに試験を行ったこともあり、 

正確なことは言えませんが、、、 

 

 

有機栽培でも硝酸態窒素という成分を多く吸収した野菜については、 

えぐみや苦味の多いものが多かったと述べています。

 

 

海外の研究者の方の論文には、栽培中、植物が吸収する硝酸(窒素)が少なくなると、 

ビタミンCの多い野菜ができやすくなる、という内容のものもありました。 

 

 

 

有機栽培と慣行栽培では栄養に差はない

 

これまでの研究データから、有機栽培と慣行栽培では栄養的な差はないと考えられます。 

 

別のブログ(「野菜の選び方−自然栽培とは」)でも少し取り上げましたが、

栽培方法ではなく、畑に入れた肥料の量や種類、土の性質によって 

若干の数値が変わってくる、という見解が多いです。 

 

 

例えば、出来るだけ肥料を少なくする、有機質肥料にようにじっくりと 

肥料を効かせることで味の良い、ビタミンCが多く含まれている(葉物)野菜が栽培できる。 

 

 

有機栽培だと肥料がじっくりと植物に吸収される過程で、「甘み」が強くなる

傾向がある。

 

 

など、土壌関係の研究をしている先生方が今も「何故、有機野菜がおいしいと言われるのか」を

研究し、解明しようとしています。

 

 

最近では、土壌の成分を細かく分析して、畑に不足している養分や微量元素を補給することで

高い栄養価のある野菜を栽培する技術もありますし、品種改良によって特定の栄養素の量が多く 

含まれる「機能性野菜」も出てきています。

 

 

 

 

野菜の選び方−慣行栽培と有機栽培 

 

栄養の違いから見れば、慣行栽培も有機栽培も栄養に差はないため、

どちらを食べても大丈夫という結論に至ります。 

 

 

それよりかは、「旬」かそうでないかの違いのほうが大事です。 

 

 

また、個人的には、科学的に作られた/育てられた栄養価の高い野菜を

たくさん食べることよりも、旬のものをバランスよく

食べることが健康につながると考えています。 

 

 

植物でもそうですが、特定の栄養ばかりをとると健康になるどころか

健康を害することもありますので。