さつまいもの育て方ーMITUの農園日記

さつまいもというと私(佐藤)にとっては秋の味覚。 

ふかし芋に焼き芋、スイートポテト、大学いもなどなど、 

思い浮かべるだけでもよだれが出てきます。  

 

 

 

 

東北でもよく育つさつまいも−温暖化の影響?ミニ氷河期の影響?

 

私達の祖母の時代には、さつまいもは東北ではあまり育たなかったといいます。

元々、さつまいもは熱帯地域の植物なのである程度の気温が必要なのです。  

 

過去30年のデータや2000年以前と2018年の気温を比較してみたりすると、

7月の平均気温が高くなってきていたり、30℃を超える日も多くなっています。 

 

これが温暖化の影響なのか、はたまたミニ氷河期の到来の前触れなのかは

わかりませんが、、、。 

 

仙台でも今年は暑い日が続いたので、大きな芋がゴロゴロ。 

MITUの畑では700gを超えるさつまいもも多く、

「大きすぎて販売しづらい、、、」というくらいです。  

 

 

 

さつまいもの育て方―MITUでのやり方 

 

MITUが営農している地域は元々、砂質の畑が多く、芋を栽培するのには良い土壌環境です。 

 

植え付けの前の年に緑肥をすき込むか、馬糞堆肥を少量入れて畑に混ぜ込みます。 

あとは土壌分析の結果を見ながら、必要に応じて土壌改良材(ミネラル資材等)を 

投入しています。  

 

植え付け少し前にマルチを張ります。 

自然栽培ではマルチ栽培は好まれないのですが、 

私たちの地域では震災のあと外来の植物がものすごい勢いで  

繁茂することからマルチを張っています。  

 

震災後、初めての栽培の年にマルチを張らずに栽培したところ、 

除草しても除草しても外来植物が生えてきてものすごく大変でした、、。 

 

さつまいもの苗は、5月中旬ころから6月上旬に定植。 

霜が降りる心配がなくなってから植えます。  

 

昨年まではマルチに穴を開け、手で穴を堀り、そこに苗を植えていたのですが、 

この作業がとても時間がかかり、足腰への負担も大きいので、 

今年から導入したのが「さすけ」という道具。 

 

これに苗を巻き付けて地面に刺すときれいに植え付けができます。 

2名で苗を渡す人、植える人に分かれて作業を行うと 

ゆっくり植えても1時間で600本以上は植えられます。  

 

 

 

 

植え付けしたあとは 

 

適宜、草取りをしたり、健康に育てるために微生物資材(納豆菌や乳酸員を自分で培養したもの)

を散布します。 

 

また、ツタがはい、芋の肥大が始まりそうかなという頃に、つる返しをします。 

 

つる返しはつるの先の方から伸びる根に栄養がいかないようにひっくり返し、 

収穫する部分の芋が太るようにするための作業です。 

 

また、つるを返していたほうがネズミの被害が少ないような印象です(*1)。

 

*1 

東日本大震災のあと、私たちのいる地域ではネズミが大量発生しました。

年々、その数は減ってきているものの、未だに畑やその周辺でよく見かけます。 

 

 

 

 

いざ、収穫!

 

さつまいもの収穫は植え付けたあと、100〜120日を目安に行います。

最初に試し掘りをして、程よい大きさになっていたらあとは掘りまくるのみ!です。

農家では、「堀取機」という機械を使うことが多いのですが、

MITUでは原始的に手掘りです。

 

さつまいもが長くて大きいので、機械だと痛めてしまうことも多いので。

 

 

掘ったあとは寝かせる? 

 

さつまいもは掘った直後のものはあまり美味しくありません。

1週間以上寝かせたあとに食べることをおすすめします。 

 

農家では、キュアリングという方法(32~35℃ の 温度 と90~99%の 湿度 でさつまいもを貯蔵し

貯蔵中のサツマイモの腐敗を防止する)で保存させ、長期保存することで甘みを引き立たせます。 

 

一般的には、新聞紙にくるんで室内に置くと気温が9℃を下回らない限り、春先まで食べることができます。

 

MITUでは、収穫後、1週間以上寝かせてから出荷。

保管庫がないので、12月にはほとんどを出します。

 

実は12月くらいに食べる芋がしっとししていて甘さもほどよく

一番美味しい時期だと思います(うちの芋の場合はですが) 

 

 

 

 

美味しいさつまいもの見分け方 

よくお客さんから「美味しいさつまいもはどう見分けるの?」とご質問いただきます。

スーパーで買う際の見るポイントは大きく4つ。

 

  • 紡錘状の形をしているもの

典型的な芋の形ですね。極端に丸いものよりはふっくらとした形のほうが美味しいです。 

 

  • 黒い蜜が出ているもの

黒い蜜のようなものが切り口から出ているものはとても甘いです。

黒い蜜の正体は、ヤラピンという物質。整腸作用などがあると言われているものです。

さつまいもを切ると白い液がにじんでくることがありますが、それが空気に触れて黒くなったものです。 

 

  • 表面のくぼみが浅いもの

表面のくぼみが深いものは繊維質が多くもさもさしたものが多いので、浅いものを選ぶようにしましょう。 

 

  • つやつやしている・同じ大きさでもずっしりしたもの

 

 

MITUで育てるさつまいも

 

MITUで育てるさつまいもは、品種にもよりますが、

1週間程度寝かせたものはクリのような食感と甘味。

「これ、クリみたいですね?!」とよく言われます。

 

それ以上寝かせると、徐々にしっとしりとした食感になり、

甘みも強くなってきます。

 

そして、MITUで育てる最大の(?)いもの特徴は、、、、

まれに塩味のするさつまいもはがあることです(笑) 

 

さつまいもを育てている畑は海から700メートル内陸にある畑。

震災のときに除塩作業をしていないので未だ塩害の残る畑ですし、

さらに海からの潮風が直にあたる畑なので、この2つの影響からか

ほんのり塩味のするさつまいもができます。

 

その土地の気候や環境によって味の変わる、さつまいも。

奥深いですね。