オーガニックとナチュラル、何が違う?

 

 

 

「オーガニックフード」や「ナチュラルフード」と聴くと、自然で身体に良いもの、

というイメージがありますよね。 

 

オーガニックもナチュラルも同じような意味で使われがちな言葉ですが、実は違いがあるんです。 

 

 

オーガニックとは?ナチュラルとは?

オーガニックとは?

 

オーガニックとは、「有機の」という意味で、通常は化学農薬や化学肥料を使わずに

有機物(有機肥料や堆肥など)を使って育てられた農林水産物やその加工のことを指します。

 

オーガニックというと「食の安全性」を思いつく方もいらっしゃるかと思いますが、

それは結果に過ぎないと言われています。

 

IFOAM( 国際有機農業運動連盟)では、「生態系」「健康」「公正」「配慮」の4つの原則を掲げています。 

 

ごく簡単にまとめると、

自然環境を守りながら自然と共生し、

適地適作・地産地消で地域の文化を大切にし、

健康な生活、健全な社会を目指すことを目標にしています。 

 

 

 

ナチュラルとは?

 

一般的には、化学農薬や添加物を使っていないものをナチュラルフードと呼ぶことが多いです。

ナチュラル系レストランやカフェと呼ばれるお店の中には、

「(化学農薬や化学肥料を使用した)野菜がたくさん食べられる」、

「自然豊かな場所にあるカフェ」といったイメージからナチュラル系と呼ばれることもあるようです。 

 

 

オーガニックやナチュラルの条件は?

オーガニックの条件

 

オーガニックは原則、第三者機関による「認証」が必要です。

認定の基準は国によって異なりますが、日本では「有機JAS規格」という基準があり、

その審査をクリアしたものだけが「オーガニック」と表示できます。

 

その基準は、

 

1.栽培する圃場は最低2年以上農薬を使っていない
2.許容された資材(肥料や農薬)以外を使用していない
3.環境への負荷をできる限り減らした方法で栽培している
4.遺伝子組み換え技術を使用していないこと

 

となっており、1年に一度、第三者機関が検査をしに来ます。 

 

 

ナチュラルの条件は? 

 

ナチュラルフードにはオーガニックのような基準はありません。

企業がPR目的で使用しているか、個人の主観(イメージ)で使用していると考えたほうが良いでしょう。

 

 

 

オーガニックとナチュラルの違い まとめ

オーガニックは基本的には第三者機関が認めた商品のことを指し、

化学農薬や化学肥料を使用せずに育てた農林水産物や加工のことを指します。

 

日本では有機JAS規格という規格では 

 

 

のような写真のマークが貼られています。

 

一方、ナチュラルは基準や条件がありません。

中には有機JAS規格で認められている農薬も使わずに自然のままに育てたもの、

無添加のものをナチュラルと呼ぶ商品もありますが、 

企業のPRや個人の主観でナチュラルと読んでいるものもあります。 

 

海外では、ナチュラル=身体に良いものというイメージを悪用した商品もあり、 

裁判問題にまで発展しているケースもあるので、十分注意が必要です。 

 

 

余談

オーガニックは「基本的に」第三者機関が認めた商品のことを指しますが、 

化学農薬や化学肥料を使わずに育てた農林水産物の中には認証をとっていないものもあります 

(認証を取っていないので、「オーガニック」や「有機」という表示なしで販売されています)。 

 

認証を取るにも、維持するにもそれなりの費用がかかるので、 

認証を取らない(あるいは、取れない)農家もいるのです。