農家がいなくなる?!―その2

農家がいなくなる日が来るかもしれないというお話を以前、「農家がいなくなる?!」ブログで書きました。

 

「農家がいなくなる?!」というブログを書いてから1年。

 

おそらく農家が減っている感覚がまじまじと感じる方は、当事者や農業関連の方以外では少ないかもしれません。

 

今回のブログでは、実際に私たちが日頃見ている現場から農業従事者が減っている現状について

少し見ていきたいと思います。 

 

 

 

農業従事者の数に関する統計(農水省より)

 

平成30年度の概数値では、農業従事者は全体で平成29年よりも約6万人減り175.3万人、そのうち基幹的農業従事者も前年より5万人少なくなり、145.1万人となりました。

 

農水省の統計データを見て、少し気になったのは基幹的農業従事者の数でした。

 

単位:万人

平成29年

平成30年

基幹的農業従事者

150.7

145.1

うち65歳以上

100.1

98.7

 

 

基幹的農業従事者は平成29年度から5.6万人減りました。

うち65歳以上の方は1.4万人減っています。

 

ということは、65歳未満の方が4.2万人も減っているのです。

この数には正直驚きました。

 

65歳未満というと農業の世界(少なくとも私たちの地域)では「若者」なのですが、

その若者が減っていると解釈できます。

 

 

 

現場で感じる高齢化その1−とある交流会に参加して

 

昨年年末に、取引先主催の生産者交流会があり、MITUも会に参加してきました。

交流会では、何人かのグループに分かれ、生産者や消費者が日頃の取り組みや悩み、 

疑問などを話し合いながら交流を深めるものもありました。

そのグループディスカッションで一番多く出た現場の悩み、それが「後継者不足」でした。

 

どの産地、生産者グループも後継者がなかなか見つからず、 

この先「終了」を考えているところもあるとお話されていました。 

 

後継者が1人見つかっただけでも「これでなんとか首がつながった!」と感極まるそうです。

 

このグループディスカッションでは、どうすれば農業後継者が増えるかということを 

話し合ったグループもいくつかありました。 

 

 

その多くは、生計が安定して成り立つような仕組み(市場では気候の良し悪しが価格にかなり影響する) 

が必要であること、生産者と消費者が一丸となって食を守り続ける必要があること 

といった共通の意見が多く聴かれました。

 

 

 

現場で感じる高齢化その2−取引先にて

 

とある取引先の方から伺ったお話。

近年は取引している生産者の高齢化が加速し、登録生産者が減ってきているというお話を伺いました。

 

地産地消に力を入れているが、地元で種類豊富な野菜を集めるのも難しくなってきたとも。

これは、かつては少量他品目で農産物を育てている農家もそれなりにいたので 

産直コーナーは彩豊な場所だったそうです。 

 

最近では単一品目で大規模に育てている農家が増えてきたので、 

みなさん同じ時期に同じものが大量に入ってきたり、産直コーナーにそもそも出さなくなったとも 

考えられています。

 

また、周りを見ていても一部スーパーや業者で農家の囲い込みが始まってきているような印象を受けます。 

MITUにもまれに「御社の野菜を当社メインで販売させてもらえませんか?」といった言葉を 

かけていただくことがあります。

 

 

 

農家がいなくなる?!

 

農業従事者の統計をみても、これから人口減少が続く流れや現場で感じる状況からも、 

今後農家はさらに減っていくものと推測されます。

 

良くも悪くも生産者は販売できる場所を自分たちで選べるようにもなりました。 

 

かつては農協を通して市場へ、という流れが一般的でしたが、 

今は農家が直接消費者に販売したり、企業と組んで契約栽培をしたり、 

農協を通さず直接企業と取引をしたり、農協に出荷したりなどなど幅が広がってきています。

 

ですので、「うちはいくらでも生産者がいるから文句をいうなら取引しない」というところでは 

生産者が年々減り、「農家さんの苦労もわかるからじっくり話し合いをしながらお互い解決の道を 

考えていきましょう」というスタンスの取引先では新たな生産者が集まるという流れもあります。

 

いずれにしても農家が減っていく中で、消費者が野菜を買う場や環境、 

状況といったものが少しずつ変わってくるかもしれません。

 

例えば、ある場所では地元産や国産の野菜が手に入りにくくなり、 

別の場所では地元産や国産の野菜が購入できる、といったように。

 

 

 

食べる側の人ができること

 

今後生産者が減っていくことで、少なからず地元あるいは国産の野菜が手に入りにくくなることが予測されます。

そのときに地元産あるいは国産の農産物を食べたい!という人はどうすれば良いでしょう? 

 

私は自分に合う生産者を見つけることだと思います。 

 

今はインターネットで検索するだけでもたくさんの生産者のホームページが見れるようになりましたし、 

地元で開催されているマルシェや朝市のような場所でも生産者がたくさんいると思います。 

 

生産者と繋がって、話して、農産物を食べてみて、交流を深めていくと自分にあった農産物を買えますし、 

生産者も買ってもらうことで継続して農産物を作れるようになるのではないかと思います。 

直接生産者から買えなくても買える場所さえわかれば、いつでも買いに行けますしね。

 

いかがでしょうか?

これを機会にぜひ、生産者とつながることも考えてみてはいかがでしょうか?