野菜を積極的にとってダイエットをしよう!

あなたはダイエットしていますか?

ある日、「最近太ってきたから、朝飯抜いているんだよね〜」と私の友人が話をしていました。

毎朝電車を使わずに歩いたり自電車で8〜10kmの道のりを通勤していたそうです。年齢を重ねるごとに痩せにくくなったそうです。

 

このブログでは、そんなダイエットと野菜のお話をしてみたいと思います。

 

 

 

食べずに痩せれる?

 

私の友人は運動と食事制限で体重を減らそうと試みたそうです。

でも、痩せない、、、何故だー!!と疑問に思ったそうです。

 

何故、食事制限と運動をしても痩せなかったのでしょう。

 

1つには、食事を制限(カロリー制限)すると、栄養不足になり、 

身体は危険を感じて基礎代謝を下げて、できるだけエネルギーを消費しないようにします。

その分、少し食事を摂取したときに、脂肪として溜め込もうとするのです。

 

2つめには、食事からエネルギーの素を摂取できないと、筋肉を脂肪に替えてエネルギーを生み出そうとします。 

そうすると、脂肪を燃やしてくれるはずの筋肉が少なく、本末転倒になってしまう可能性があると考えられています。

 

基礎代謝が悪くなると、病気にもかかりやすくなったり、便秘や肌荒れといった不調も出やすくなるので注意が必要です。 

代謝には自律神経が関わっており、食事制限をすると自律神経のバランスも乱れてしまいます。

 

さらに、食事制限をすると「食べたい」という欲求も強くなると考えられており、 

食事を食べ始めた時に脂肪を溜め込もうとする体質+食べたい欲求でリバウンドしやすいとも言われています。

 

 

ダイエットするなら野菜を食べよう

 

何も食べない方法でのダイエットは、仮に痩せたとしても、基礎代謝や筋肉量が減り、身体にはあまりよくないと言われています。

 

もしあなたがダイエットをすることを考えているのなら、野菜を中心にバランスの取れた食事をしてみませんか?

 

よくお肉だけ!お菓子だけ!という食事でダイエットをしている人もいますが、これだけでは栄養も十分に取れませんし、 

お菓子にいたっては塩分や糖分が多いものも多いので身体にはあまり良くないと考えられます。

 

野菜と言ってもキャベツなどの葉物野菜からさつまいもと言った根菜系の野菜まで様々ありますし、 

食事のレパートリーも幅広く、飽きることもありません。

 

野菜を食べることで、

例えば

 

・食物繊維がたっぷりですので腸内環境が改善

・ビタミンやミネラルといった栄養もしっかり確保

・抗酸化物質も摂取

 

といったメリットも考えられます。

 

 

ただし注意も

ただし、野菜中心の食事と言ってもいくつか注意が必要です。

 

野菜を調理する際には、 

 

・煮物系は砂糖がたっぷり使われていることもありカロリーオーバーになりやすい

・野菜を生で食べるときには、ドレッシングやマヨネーズもカロリーが高く、砂糖や塩も入っているのでかけすぎに注意

 

といったこともあるので、気をつけたいですね。

また、野菜のみの生活も避けた方が良いと考えられています。

女子栄養大学の研究では、菜食主義者は非菜食主義者と比べて足りない栄養素も多く、 

生活習慣病の観点からも好ましくない傾向にあるということがわかっています。

 

ダイエットをする場合でもお米を食べてエネルギーを摂ったり、肉や魚の摂取し筋肉やコラーゲンも減らないように心がけていきたいですね。

 

いかがでしたか?

野菜を中心にバランスの良い食事と適度な運動で、心も体も元気にダイエットしたいものですね。

 

ちなみに、ブログを書いている私はというとダイエットどころか年々身体が大きくなっています(笑) 

食事は野菜を中心に、米も肉魚も食べます。

それでも農業を始めて重いものを運ぶ機会が多くなったり、運動量もかなり増えたことで、食事量がUP。 

もやし男→プチアスリート体型→プロレスラー体型へと変わってきています。 

体重が減ると野菜を入れたコンテナを運べなくなるので、現状維持!を毎年目標に掲げていますが、これからどうなることやら。