2020年 ご挨拶

 

新年あけましておめでとうございます。

今年も自然農園MITUを何卒、よろしくお願い申し上げます。

昨年は本当に色々ありました。 

 

天候不順で思うように農作物が収穫できなかったり、

台風19号とその後の大雨で壊滅的なダメージを受けたりと、崖から転げ落ちたような1年でした。 

 

でも、いつも買いに来ていただくお客さんや取引先さんに助けれられ、何とか新しい年を迎えることができました。

本当にありがとうございます。 

 

今年は、MITUにとってはこれまで以上に挑戦の年になります。

どんなことを企んでいるのか、簡単にご紹介します。 

 

1.農地拡大

2018年、2019年に仙台市の集団移転跡地利活用事業者に選定されました。

そして、今年春頃から順次集団移転跡地の受け渡しが行われ、農地が拡大します。

今までは約1.5haという面積でしたが、今年からは約4haという面積に広がります。 

東京ドーム1個分より少し小さいくらいです(わかりづらいですかね)。

 

農地拡大に合わせて、今まで農福連携を2つの施設さんと取り組んでいましたが、連携先を増やしていく予定です。 

これは佐藤のやりたかったことの1つで、農業を通して障害のある方が楽しく働ける場所、 

作業できる場所を増やす目的です。

今年は土作りがメインとなりますが、順次作付けを増やしていきます。

 

2.天然甘味料、ソルガムシロップの商品開発へ

実は数年前から試験自体は取り組んでいましたが、今年ソルガムシロップの商品開発を加速させていきます。 

本当は2019年に試作品を開発して、常連さんにお試しいただこうかと企んでいたのですが、 

台風の影響で全滅し、昨年は断念しました。

今年、再チャレンジしてシロップの試作品を作り、常連さん+興味のある方向けにイベントを開きたいと考えています。

日本ではほとんど出回っていない未知のシロップなので、試作品を試していただきながらどんな風に使えそうか、 

どんな料理に合いそうか、お話を聴いてみたいと思います。

 

 

3.ソルガムきびの試作へ

ソルガムきびという、ソルガムの実の部分がありまして、雑穀などとして食べることが出来ます。 

また、グルテンフリーで粉にすると小麦粉の代替としても活用できます。 

米粉と比べると、パサパサ系で甘みも強いのですが、クッキーやパンケーキにも使えます。

実は、MITUを設立する前に佐藤個人が試験栽培をしていたのですが、 

農地の面積が増えるタイミングで粉に加工してもらえる福祉施設さんと出会うことが出来たので、 

今年から試作を作っていく計画です。

 

 

4.栽培方法のバージョンUP

なにか変わった農法をする、というわけではないのですが、新しく土壌分析機を導入しまして、 

よりよい土を育てていこうと考えています。 

仙台では1回目の圃場整備事業が終わってから、2年目3年目の畑になりました。 

少しずつよくなってきているのですが、まだまだ収穫量は伸び悩んでいます。 

より精度の高い土壌分析をしつつ、土の中の生き物や微生物、土の硬さや水はけなどを考慮しながら、 

一定の収穫が出来て美味しい野菜を育てていこうと考えています。

 

5.マルシェと農作業イベント

昨年は台風の影響で10月から畑deマルシェを中止していました。 

いつも来ていただいていた方には大変ご迷惑をおかけしました。

 

今年に関しましては、マルシェの開催は協議中です。 

農地の面積拡大と2019年の台風の影響でマルシェメンバーは田畑の栽培の方に 

これまで以上に力を入れないといけないため、回数は減る予定となりそうです。 

現時点では、畑deマルシェは月1回程度の開催と無人販売での販売を検討しています。 

勾当台公園やUP!BAKERさんでの販売はこれまでと同じペースで出店する予定です。

詳細が決まり次第、当園HPにてお知らせいたします。

農作業イベントは、枝豆、さつまいも、落花生の収穫イベントをそれぞれ企画していこうと思います。 

 

終わりに

 

今年も「畑から元気を届ける」をコンセプトに、これまで出会った皆さんやこれから出会うであろう皆さん、 

畑に来てくれている施設のスタッフさんや自分たち自身も笑顔で元気になれることに挑戦していきます。

よろしくお願いいたします。

 

 

PS. 

今年も販売担当は鈴木、栽培担当は佐藤となります。 

ありがたいことにまれにいらっしゃる佐藤と話がしたいという方は畑の方にお気軽にお越し下さい。