はじめての土壌分析-農園の日常

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

MITUの佐藤です。

今回は、土壌分析について取り上げていきたいと思います。

土壌分析と聴いてもあまりピンとこない方もいらっしゃるかと思います。

MITUではこれまで簡易的な分析や外部にお願いしてきたのですが、

2020年から新たに土壌分析器を導入し自分たちで分析をはじめました。

 

実際にどんな風にやっているかはこちらの動画でご紹介しています↓

 

 

なんで土壌分析をするの?

多くの農家さんは、畑で野菜を育てる前にどの時期にどんな野菜を育てるか計画を立てます。

その計画を元に堆肥や肥料、資材をどのくらい入れるかも決めています。

 

この堆肥や肥料をどのくらい入れるかと考える際に、これまでの経験とか勘でやる農家さんも 

意外と多いのが現状です。特に、年配のベテラン農家さんで多い印象です。 

逆に、若手や新規就農者は土壌分析を積極的に取り入れている人も多くて、 

私のまわりでは専門検査機関に依頼している人が多いです。

 

野菜を育てる前に土壌分析をすることで事前に畑に不足している栄養分や過剰な栄養分を 

把握して畑の栄養がバランス良くなるように調整する必要があります。

 

MITUの畑の中で震災後に何度か工事が入った畑は養分がそもそもないのですが 

栄養バランスが崩れていると考えたため、今回新しく土壌分析器を導入しました。 

 

これまで使っていた簡易分析では本当に簡易的なことしか分析できなかったので、 

もっと細かく栄養分を調べることのできるものを入れました。

 

分析器を使う前に「たぶん◯◯が足りないんだろうな」と推測はできていたのですが、 

実際に使ってみるとちゃんとした数字で出てきてどのくらい足らないのかもわかるので、 

非常に重宝しています。

 

 

美味しくて栄養価のある野菜を育てるために

2000年頃、有機野菜と慣行(農薬や化学肥料で育てた)野菜の栄養に差はあるのか? 

といった研究論文がいくつか発表されました。 

その多くは、有機野菜では抗酸化物質が多いものの、その他の栄養価には差がない、 

という結論を出していました。

 

論文を読んでみると、たしかに「統計」上は差がありませんでした。 

ただ個別のデータを見ると、有機農家でも慣行農家でもそれぞれの農家単位で見ていくと 

栄養価にかなりのばらつきがありました。 

 

栄養価が多い野菜を育てている農家さんもいれば、 

あんまり栄養価がない野菜を育てている農家さんもいたんです。

 

これは何故だろう?と考えました。 

調査対象の農家さんの住んでいる地域がバラバラだから、天候や土の性質が違ったのかとも思いました。 

しかし、ある勉強会で農家で栄養価が異なるのは、土作りが違う可能性が高い、と聴いたのです。 

確かに、有機農家さんでも土壌分析をろくにせずに大量の堆肥を使用ている農家さんもいれば、 

きちんと土壌分析や土の中の生き物の状態、土の物理的な側面を考えて野菜を育てている農家さんも 

います。そう考えれば、栄養価にばらつきがでるのも当然ですよね。

 

恥ずかしながらMITUでも簡易的な土壌分析や土の生き物・物理性を見ながら土作りはしていたものの、 

必要であると考えられている養分全てをこまめに測っていたわけではありませんでした。 

 

ですので、今回きちんとこまめに土壌分析をしながら野菜つくりをして、 

野菜の育ちや味がどう変わるのかをやってみようと思ったのです。

 

 

せっかく食べるなら栄養満点のものを

MITUではありがたいことにマルシェやイベント出店を続けていく中で多くの方と出会う機会が増えてきました。 

そのお客さんたちの中で一番多く聴かれる声が「栄養満点の野菜を食べたい」「健康になりたい」という声でした。 

偏った食事や生活習慣、ストレス、病気などいろんなことがきっかけで食に対する意識が 

変わっていく中で、MITUを知っていただいた方もたくさんいます。

 

MITUとしてできることは何か?それはお客さんたちが望んでいる野菜を育てていくことです。 

今回の試みで野菜が収穫できたら、有機農業団体で開催している栄養コンテストに出したり 

栄養分析をしてみたりして自分たちの野菜の栄養がどんなものかも把握していきたいと考えています。

 

せっかく野菜を食べるなら、美味しくて栄養満点の野菜を食べたいですもんね。

野菜つくり、頑張ります!