何故、直売にこだわるのか?➖市場に出さない理由

元医療従事者として、医療従事者へのヘイト投稿を見るとなんだか複雑な気持ちになる佐藤です。

最近、「MITUの野菜、どこで買えますか?」とか「市場には出さないのですか?」と聴かれることが

あるので、今日はその話題を取り上げたいと思います。

 

 

市場の不思議

 

何故、市場に出さないのか?と質問を受けるので、その理由をまずは説明していきたいと思います。

私たちが市場に出さない理由は、もちろん直売(直接お客さんに野菜を届けたい)への想いが強いからです。

市場に出すと自分たちの野菜がどこに届けられるのかわかりづらくなりますし、

どんなお客さんが買うのかも見えてこないですよね。

なので、率直に野菜を育てる際に、「気合」が入らないんです(笑)

 

それ以外にも理由はあります。

市場の機能は、農産物の安定供給と販路の提供、取引の場の提供です。

市場はかつて農家がきちんとした利益を出せるような価格で取引されていたと言われています。

が、近年では一概にそうとも言えない状況になっていると考えられます。

 

例えば、近年暖冬などの理由で玉ねぎの価格崩壊が起きています。

先日、Facebookで挙げられていた内容では、20kgで300円という価格だったそうです。

昨年も同じくらいの値段でした。

つまり、1キロ15円。タネ代にもならないのではないかと思います。

(少なくともMITUではタネ代にもならないです)

 

でも、不思議なのが、農家からの買取価格が15円なのに、スーパーなどで売られている玉ねぎは

例年とほとんどかわらない値段です。

玉ねぎ以外でもそうですが、農家の買取価格が下がっているのに、売り場では価格があまり変わっていないという状況が散見されています。

不思議ですよね。

 

ここは関係者、誰に聞いても濁らされます。

いずれにしても、大規模な面積で機械化を進めて大量生産しても収支が合うかどうかというところでしょうか。

他の作物では、他の農家が出さない時期を狙って出して利益を出しているようですが、

それでも徐々に厳しい状況になっていると耳にします。

 

こういった状況もあり、MITUでは継続可能な農業をしていくためには、

市場への出荷ではなく、他の販売方法を考え、取り組んでいます。

 

 

関係ありきの農業へ

 

新型コロナや近年の世界規模の異常気象、国内の農業従事者の減少などいろんな要因が重なり、

今後世界的に不安定な食料供給と国産の農産物の生産減少が進んでいくのではと考えています。

 

これからはより一層、「関係」ありきの農業や地産地消にフォーカスされていくのではないでしょうか。

 

大規模農家さんで今苦しんでいるところも市場に出して終わりというのではなく、取引交渉ができたり関係を構築できるような取引先へ

シフトしていかざるを得ないのではないかと思います。

(ちゃんとしたJAが間に入ってくれているのであれば良いのかも)

 

MITUでは、直売以外でも何社か会社さんとお付き合いをさせていただいておりまして、

それぞれの理念や想いを共有したり情報交換を蜜に行ったりしながら取引をしています。

直接お客さんの声を聴ける機会が少なくとも、取引先さんからお客さんの声を聞いたり、

お客さんが求めているものを教えてもらったりしていて、「よし、野菜つくりを一層頑張ろう!」という

気持ちになります。

 

直売でもいつも野菜を買いに来てくれるお客さんや知り合いの顔や声を思い出しながら、

「○○さん、人参臭い人参が食べたいって言っていたなあ」とか「□□さん、白ナスほしいっていっていたなあ」

とかそんなことを想いながら育てています。

お客さんからみて「顔の見える生産者が良い」と仰る方がいます。農家側から見ても同じで

「食べてくれる人・使ってくれる人がわかる」からこそより一層栽培に力が入るんですよ(少なくともMITUでは)。

 

MITUではこれからも地産地消や関係ありきの農業を突き進んでいきます。