有機栽培と自然栽培の違い

有機栽培と自然栽培って何が違うの?

とよく聞かれることがあります。 

 

このブログでは、有機栽培と自然栽培の違いと野菜を選ぶ際の方法を考えていきたいと思います。 

 

有機栽培って?

 

有機農業とは、農水省の「有機農業の推進に関する法律」第2条で、 

 

(1)化学肥料や農薬を使用しない、

(2)遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、 

 

環境への負荷をできる限り低減する農業生産の方法と定義されています。

 

また、有機JAS農法では、 

 

(1)

周辺で使われた禁止農薬や禁止肥料が入ってこないように管理し、種まき又は植え付けの前2年(多年生にあっては3年)以上の間、有機栽培を行った水田や畑で生産。

 

(2)有機栽培においては、ほ場から出る農産物の残さに由来するたい肥等を利用し、禁止された化学肥料は使用せず、認められた 肥料や土壌改良資材だけで土づくりをする。 

 

(有機JASのマーク;農水省ホームページから引用) 

 

 

といったことが決められています。 

 

有機農業推進に関する法律と有機JAS農法とでは若干異なる部分もありますが、

基本的には化学肥料や農薬(有機JAS規格以外の肥料や農薬)を使わずに、

周辺環境に配慮した栽培をすることと解釈できます。

 

国では、有機JASの認定を取得した農産物だけが「有機野菜」や「オーガニック」といった

用語を使用できることとしています。 

 

生産工程や栽培履歴等、きっちりと管理された農産物のため、

「どう作ったのかしら?」と

気になる方は有機JASの野菜が良いと思います。

 

 

有機農業の普及率は?

日本では、有機JAS認定の農家・農業法人は全体の0.2%、

有機JAS以外で0.3%となっています。

 

何故、有機JAS認定の農家が増えないのか?

原因の1つに、取得および継続のための費用があります。

 

有機JASは農家が取得するためには、個人だと10万円以上、

グループだと20万円以上かかります。

これは実地検査費用を含めず、実地検査費用は検査する団体によって

金額が異なります。 

 

また、1年毎の更新費用は、

個人が7万円以上、グループでは15万円以上かかります。 

 

これだけでもかなりの出費です。

大規模生産法人や資金力のある農家は出来ますが、

普通の中小規模の農家ではかなりハードルが高いといえます。  

 

 

自然栽培とは? 

自然栽培とは、公益財団法人自然農法国際研究開発センターによると、 

 

1.人間の健康を維持増進する食べ物を生産すること。
2.生産者と消費者の双方に経済的・精神的メリットがあること。
3.誰にでも実行でき、かつ永続性があること。
4.自然を尊重し環境保全に責任を持つこと。
5.人口の増加に伴う食糧生産に責任を持つこと。  

 

が自然栽培の条件とされています。 

 

一度、自然農法国際研究開発センターの方のお話を聴いたところ、

自然栽培は有機栽培の一部である、とのこと。 

 

具体的には、5つの条件に向けて取り組んでいる農法も自然栽培と

捉えることができるそうです。 

 

MOAという団体では、独自に自然栽培の栽培規格を定めており、

その規格に準じて野菜等のランク付けを行っています。

 

自然栽培の中でも実践農家や団体によって多少解釈の違いや

捉え方の違いもありますが、

 

基本的には、環境に最大限配慮しつつ、

植物性の堆肥を中心とした栽培方法(魚カスなどの使用がOKという場合もある)で

遺伝子組換えの種子やF1の種子を使わずに育てた野菜

と考えることが出来ると思います。

 

どんな野菜を選ぶ?

有機野菜とかオーガニック野菜とか自然栽培の野菜とかたくさんあるけど、

どれがいいの?!という方もいらっしゃると思います。

 

私の周りでもそうです。

 

少しまとめながら、価格なども調べていくと、 

 

有機野菜

→国認定の野菜。生産工程もしっかりしているので、どう生産されたか気になる人
 にはおすすめ。ただし、価格が高いことが多い。また、必ずしも無農薬ではない。
 (有機JAS指定の農薬を使用している場合がある)

 

自然栽培の野菜

→MOAのように規格を求めているものが多い。

(ex)化学農薬や化学肥料だけではなく、動物性の肥料やビニールマルチのような
   化学的に作られた資材を使わずに自然のもののみで栽培した野菜
   →プレミアム規格  

 

   化学農薬や化学肥料は使用しておらず、植物性の肥料等を中心に使用しているが
   一部動物性の肥料等を使用している 

   →通常規格 

 

団体によっては規格が異なるため、どんな栽培方法で作られたのか自身で調べる必要がある。
 値段は有機野菜と同程度のものが多い。

 

上記の有機野菜や自然栽培の野菜は、地域によっては地元産のものがなく、県外などから県内に

運んでくる場合が多いです。 

 

有機野菜や自然栽培の野菜は、おいしい!という声を聞くことがありますが、

研究論文等を調べると有機野菜=おいしい、とは言えません。

また、栄養面等においても慣行栽培、有機野菜、自然栽培の野菜による違いは、

科学的に明らかにされていません。 

 

では、何が良いのか? 

 

それは、「旬」の野菜を食べごろのタイミングで食べることです。

これが一番美味しく、かつ栄養がたくさんつまった野菜を食べる方法です。

(何故、旬の野菜が一番良いかは別の機会に。)

 

なので、「旬」の(一部芋類等を除いて)採りたての野菜を探すことが

まず1つの前提。

 

この前提をベースに、自分に合う野菜を選ぶのが一番だと考えています。 

 

ただし、有機JASの認定を受けていない農家さんの中には、

使用禁止の農薬を使用していても「有機の野菜」と言ったり、

農薬にも指定されていない危ないモノ(タバコの灰等)

を使用している方も稀にいるので、

農家さんとコミュニケーションをとったり

実際の圃場を見に行って現状を見ることをおすすめします。

 

MITUではどんな栽培?

当農園では基本的に有機栽培と自然栽培の狭間のような農法で

野菜を育てています。 

 

植物性の肥料(緑肥)を中心に、堆肥や必要に応じて魚カスを

使用しています。

 

 

栽培期間中は、野菜を健康に育てるために納豆菌や乳酸菌を培養したもの

(納豆とヨーグルトから作ります)を散布することもあります。

 

種は自家採種の種や固定種の種を使用していますが、

お客さんからの要望があればF1の種を使うこともあります。

 

「基本的には」と言ったのには、化学農薬を使用しない点だけは変えずに、

毎年お客さんとコミュニケーションを取りながら栽培方法を少し変えたるすることもあるからです。

 

MITUは、決して大きな農業法人ではありません。

大きな法人ではないからこそ、目の前にいるお客さんと野菜について、食べ物について

考えながら栽培を続けていきたいと考えています。