「土とミネラル不足」を斜めから見る

土とミネラル不足?

 

 

 

いつからだったでしょうか。

私が覚えている限りでは、10年以上前から

 

「現代の野菜は化学肥料をたくさんつかっていることが原因で

 ミネラルが不足している。」

 

という内容のブログが散見されています。 

 

農業関係の学会では2008年頃から「食とミネラル」をテーマに

した論文やシンポジウムが開かれ、

2009年の「農産物ミネラルと人の健康」という論文では、

堆肥の投入が土壌のミネラル補給に役立つ可能性があることを

述べ、今後の研究に期待が寄せられました。

(ミネラルの研究自体は1970年台からされていました)

 

 

最近では、土壌分析をして微量元素などの数値を把握し、

不足している微量元素を補給することで「理想の」野菜を

育てることを推奨する団体も出てきています。 

 

 

ミネラル成分を多く含んだ肥料を使い、

ミネラルたっぷりの野菜を育て、

それを食べることで人も健康になる。

 

 

「理想の」(=ミネラルたっぷりの)野菜を育てるには、

自然栽培も含めた有機栽培が最も良い方法である。

 

 

そんな話があちこちから聴こえてきます。 

 

 

そして、数年前からミネラル成分を含んだ土壌改良材が

多くの企業から販売されるようになりました。 

 

 

今回はこの「土壌とミネラル不足」という問題を

「斜めから」見ていきたいと思います。

 

 

 

ミネラルは施肥しないといけないのか?

 

当農園にもよく

 

「自然栽培や有機栽培にぴったり!ミネラル肥料を

 お使いいただけませんか?」

 

営業の電話がきます。

 

 

私も興味本位半分、圃場整備後の何も育たない畑を

なんとかしたいという気持ち半分で

いくつかのミネラル肥料を使っています。 

 

 

しかし、ミネラルは施肥しないといけないのでしょうか?

 

 

現段階では、ミネラル肥料は必要ないという研究者も多く、

むしろ多用することでミネラル過剰になることに警鐘を

鳴らしています。

 

ミネラルは、『現代農業』用語辞典によると、

 

ミネラルはもともと岩石(鉱物)に由来し、田畑の土にも、

森からくる用水にも、刈り敷きなどに使う落ち葉にも、

沼のヨシやカヤなどにも含まれ、

これらを生かしながら農業は営まれてきた。

同時に、魚肥料や人糞尿(下肥)などを通して

海のミネラルも活かしていた。

つまり、山―川―田畑―海という流れに人間が加わってつくられる

「ミネラル循環」のなかで農業が営まれてきたのである。

 

と説明されています。

 

もともと、土の中にもミネラル分はあり、植物の根や根の周りに生息する微生物の助けを借りて吸収されています。 

 

 

また、堆肥や有機資材の中にはミネラル成分を含んでいるものもあり、バランスよく施肥すれば問題ないというのが多くの見解です。

 

化学肥料を使うとミネラルが不足すると言われているのには、

肥料計算をせず肥料をまくことで

ある成分が過剰になる→別の成分が吸収されにくくなる、

ことが要因として考えられています。 

 

 

ミネラル肥料は本当に有機農業や自然栽培に適していると言えるか?

 

 

これはある意味でクレームにもなりそうな話かもしれません。

 

 

よく「有機農業や自然栽培の農家さんに

(ミネラル肥料は)ぴったりだと思います!」

というPRを耳にします。 

 

どういった視点から有機農家や自然栽培農家に

ぴったりなのでしょうか?

 

栄養学的な観点から?

 

栄養学的な観点から、もともと栄養価の高い野菜ができる有機農法に

ミネラル肥料を加えれば、栄養満点の野菜ができますよ!という

説明を聴くことがあります。

 

 

 

有機農業や自然栽培の野菜が

慣行栽培(化学肥料や化学農薬を使用した栽培)に比べ、

優位に栄養が高いという研究は少なく、

むしろ差はないという研究データのほうが多いです。

 

 

 

一つ一つ研究資料を見ていくと、 

「ん?同じ土壌や環境で比較したものではないけど、

それでいいのかな?」とか

「論文のこの点についてはもう少し調べないとわからない」

というものもありますが、、、。

 

 

 

いずれにしても慣行栽培であろうが有機栽培であろうが、

その野菜の栽培に最も(?)適した土の状態、環境であれば、

栄養に差はないと考えられています。

 

 

 

 

自然環境に配慮しているから?

 

ミネラル肥料は環境に配慮した肥料であるから、

有機農業や自然栽培に適している、という説。

 

 

私自身、いくつかのミネラル肥料を購入し、

どんな肥料かを見てみると、意外なことがわかります。

 

 

ミネラル資材や腐植酸資材と言われている肥料の多くは、

特定の地域の化石の堆積物、太古の植物の堆積物、

水の中で長年堆積した土などなどの資源。

 

 

それを掘削したり掘り上げて、加工して、粒状のものにしたり、

熱処理を加えて炭化させて作られています。 

 

 

つまりは、世界のどこかの長年蓄積していた貴重な資源を壊し、

燃料を燃やしながら作られているのです。

 

 

もし有機農業や自然栽培が「環境に配慮した」、

「持続可能な」農業であるとするならば、

ミネラル資材が「環境に配慮した」、

「持続可能な」ものであるかは疑問です。

 

 

作り方だけを見ると、

化学肥料を作るのとほとんど変わらないのでは?

と思えてしまうほどのものもあります。

 

 

 

 

土壌とミネラル不足を斜めから見る

 

土壌とミネラル不足について、ひねくれた視点(?)、

斜めから簡単に見てみました。

 

 

最近、健康志向が強い人も増えてきている中、

中には有機農業(自然栽培)でミネラル肥料を

たっぷり使った野菜がほしい!

いうお客さんもいらっしゃいます。 

 

 

栄養学的な観点、持続可能な農業という観点から

少し冷静になることも時には必要かもしれませんね。

 

 

 

MITUとしては、

 

土壌分析をしてどうにもこうにも資材を畑に入れないと

どうにもならない!という危機的な状況を除き、

できるだけ仙台沿岸の、大崎古川の自然環境に近い状態で

自然で健康に育つ野菜の育て方や土の育て方を

追求していきたいと考えています。

 

 

 

その地域の自然循環に寄り添い、野菜たちを育てていく。

持続可能な農業。

 

 

 

それが、MITUの目指す方向であり、生き方でもあります。

 

 

なお、圃場整備が入り、植物が育ちにくい畑では土壌改良材を

使用すると生育がよくなる印象を受けています。

 

 

今後、様子を見ていきつつ、土壌肥料を専門とする先生の

見解もいただきたいと思いますが、

「圃場整備で野菜が育たず、本当参る!」という状況では、

一定の効果があるかもしれません。