農業にまつわるお話ー農薬と選択肢

2018年8月、アメリカで末期がんと診断されている男性が、 

がんになったのは農薬大手モンサントの除草剤「ラウンドアップ」 

せいだと裁判同社を提訴した裁判で、陪審は10日、 

モンサントに約2億9000万ドル(約320億円)の支払いを命じる 

評決を出しました(AFP:http://www.afpbb.com/articles/-/3185756)。 

 

 

このニュースを皮切りに、農薬の安全性の有無についてSNS等で 

議論が行われています。 

 

 

このブログでは、農薬の安全性について「斜めから」見ていきつつ、 

その先にある「選択肢」について見てみたいと思います。 

 

 

1.「農薬は安全である」 

 

 

 

農薬には「登録制度」があり、原則として国に登録されたものだけ 

が製造、販売できます。 

 

農薬を登録するには、製造者や輸入者がその農薬の品質や安全性に 

関する様々な試験 成績を整え、農林水産大臣に申請します。 

 

登録申請された農薬の試験成績のうち、 安全性に係る成績に基づき、 

食品安全 委員会においてADI(一日摂取許容量)が 設定され、 

これをもとに、厚生労働省に おいて作物等への残留農薬基準等が 

設定されます(http://www.fsc.go.jp/sonota/4gou_2.pdf) 

 

 

つまり、農薬は、使用量・使用方法をきちんと守り、 

摂取量をコントロールすることで安全性が確認されているのです。 

 

 

何故、農薬は使用されるのか? 

 

 

 

それは病害虫や菌の駆除、作物の生長を調整したり、 

除草の手間を省くことで農家の負担を減らすことに理由があります。 

 

特に病害虫や菌が出てしまった田畑は収穫量が減り、 

見た目も品質も悪くなり、安定した農産物の供給が難しくなる 

可能性もあります。 

 

 

日本は温暖で湿度も高い気候であることから、 

病害虫も草も発生しやすい環境であることから 

農薬の使用が勧められているということもあるようです。 

 

 

これまでの農業の歴史をちょっとだけ見てみても 

江戸時代には長期にわたる異常気象や病害虫の異常発生などで 

飢饉となり、多くの人が飢えに苦しんだと言われています。 

 

 

このようなこともあり、病害虫の異常発生に対し農薬を 

使用することで被害を最小限に留めるということも 

食料確保の観点からは必要なのかもしれません。 

 

 

私自身に農業をしていて「虫の当たり年」があるよう 

に感じています。 

 

 

 

ある年は異常にアブラムシが発生したり、 

別の年には病気が発生したり。 

 

 

その年の天候に左右されていると考えられますが、 

病害虫が異常発生したときの対応はかなり大変ですし、 

収穫できる量も減ります。 

 

 

2.農薬の健康被害について

 

農薬の安全性が確かめられている中で起きた

今回のモンサントへの裁判ニュース。 

 

 

 

この裁判では、農薬によって発がんしたことを事実上認める

裁判となりました。 

 

 

農薬には発がん性があるのか。 

厚生労働省によると、悪性のリンパ腫の発生要因の中には 

 

 

(7)農薬及びその他の化学物質のばく露

除草剤、害虫駆除剤、肥料を職業的に扱っている作業者と

非ホジキンリンパ腫の発生との関係が疫学的に明らかにされている。 

 

また、有機溶剤を扱っている職業人のリスクの増加も指摘されている。 

 

有機塩素系殺虫剤、ポリ塩化ビフェニールなどが

非ホジキンリンパ腫を増加させることも疫学的に検討されている。 

https://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/10/s1010-3.html) 

 

 

とされています。

 

農薬と発がん性との関係については、これまで 

「発がん性がある」という見解と

「発がん性がないあるいは可能性が低い」という見解

分かれています。 

 

 

各地での研究によれば、大量摂取した場合には発がん性がある可能性

はあるが、規定の量であれば問題はないという見解のほうが

多いようです。 

 

 

今回のアメリカでの裁判によって同様の訴訟が起こると

推測されますが、今後の動向が注目されます。 

 

 

3.農薬の安全性とは

 

様々な研究機関でのデータを元に農薬は安全であると

言われています。 

 

 

農薬は安全性試験を繰り返し行われ、

その安全性が確かめられています。 

 

 

 

「使用者の安全」、「食の安全」、「環境保全」の観点から

安全性を見ているのです。 

 

 

この安全性を確保するための試験には「毒性試験」というものがあり、

ラットやうさぎなどの動物を使って毒性があるかないかをみます。 

 

 

動物試験をする必要があるのは何故か? 

 

 

端的に言えば、「人体実験」が出来ないからという一言に

集約されると思います。 

 

 

人を犠牲にして試験をするのは、道徳的・倫理的に

問題ありますよね。 

 

 

近年では、動物に対する毒性試験も動物虐待等と指摘され、

問題となっています。 

 

 

動物好きの私にとっては、何故動物が人間の都合で毒性試験の

被検体となるのかは疑問です。 

 

 

話がすこしそれてしまいましたが、

例えば人間とラットは遺伝子が99%が共通しており、

疾病に関する遺伝子だけみても90%が同じだと言われています。 

 

 

この99%や90%という数字を見て、どう解釈するかは

人それぞれです。 

 

 

ラットは価格が安価であることや繁殖力が強いことから、

試験でよく使用されています。 

 

 

動物試験での結果が人間へのリスクを正当に評価しているかどうか、

そこに大きな問題があるのではないでしょうか。 

 

 

例えば、ラットとマウスを使って同じ50種類の化学物質に

試験を実施した結果、試験の結果が一貫していたのは

65%のみであった

(Ekwall B, Barile FA, Castano A, et al. MEIC evaluation of acute systemic toxicity. Part VI. The prediction of human toxicity by rodent LD50 values and results from 61 in vitro methods. Alternatives to Laboratory Animals 26 (Suppl. 2), 617-58 (1998). )

 

という研究報告があります。 

 

 

ラット試験での結果を元にすぐ人間への適応がなされるわけでは

ありませんが、人間へ適応される場合、

リスクが過小評価される可能性もあります。 

 

 

かつて私が大学院の学生だったとき、

農薬や病害虫の研究をしてきた先生が言っていました。 

 

 

「農薬は安全だと言われているが、

人体実験をしているわけではない。

現実に人体実験ができるわけではないけど、人体実験でも

しない限り、安全だと証明するのは難しい。

仮に人体実験をしたとしても、同じ環境で同じような実験を

繰り返さねば、再現性も低い。

あるもの(危険性)を証明するのは簡単だが、

ないもの(危険性がない=安全)を証明するのはほぼ不可能だ。」と。 

 

 

 

 

4.無農薬だから安全? 

 

 

 

農薬を使用せずに育った野菜を食べることが安全につながる。

このように考える方も多いかと思います。 

 

 

無農薬だから100%安全、という根拠は残念ながら 

今の所ありません。 

 

 

 

育て方によっては、野菜が外敵(虫や病気)から身を護るために 

毒性の物質を出すことがあります。 

この毒性の物質の中には、発がん性のある可能性のものもあり、 

有機野菜は危険であると警鐘を鳴らしている方々もいます。 

 

 

私はまだ勉強不足でこのあたりに関する研究論文を 

探し出せていませんが、無農薬=100%安全と言い切ることには 

疑問を感じています。 

 

 

5.野菜を選択する

 

パラケルススは 

「あらゆるものは毒であり、毒なきものなど存在しない。 

毒と薬を区別するのは分量である」と述べています。 

 

 

農薬を使用した野菜であろうが無農薬の野菜であろうが、 

野菜にも毒となる物質は存在しています。 

 

その野菜を適量摂取することで私達は健康な身体を作っています。 

 

 

よく例として挙げられるのは、塩。 

 

塩は適量であれば身体にとってプラスの効果をもたらしますが、 

とり過ぎると高血圧や腎臓病などの病気になりますよね。 

 

 

100%安全な食べ物(野菜)なんて存在しません。 

 

これらを知った上で野菜を選択することが大切なのではないか 

と考えています。 

 

 

6.MITUの考えと想い

 

これまで農薬について私なりに調べ、考えてきました。 

MITUでは栽培期間中、化学農薬を使用せずに野菜を育てています。 

 

 

それは、 

 

 

①化学農薬を長期的に摂取あるいは被ばくしたときの健康被害 

なんて人体実験でもしない限りはわからない。 

 

 

②化学農薬を使わずとも健康な野菜が育ち、 

その健康な野菜を適量食べることが私達の自然な生き方、 

健康へつながるのではないか。 

 

 

③純粋に園主が化学農薬を使わずに野菜を育てることが 

生き様/探究心となっている。 

 

 

と、③は個人的なことも含まれていますが、3つの理由からです。 

 

 

「畑から元気を届ける」 

 

 

健康的に育った野菜は、その野菜本来の自然な味や香りがします。 

 

お客さんからは  

 

「味が濃い」、 

「食べたときに野菜の香りがすごい」 

 

といった声をいただきます。 

 

 

私達MITUではどう野菜が健康に育つかを追求し続け、 

元気を届けていきたいと思っています。 

 

 

あなたもあなたにぴったりの野菜を探してみてくださいね。