農業を始めるきっかけ話その3ー障がい者との出会い

1.言語聴覚士として 

 

 

私は農業をする前はリハビリの仕事をしていました。   

 

言語聴覚士という仕事です。 

 

脳や神経の病気で言葉や飲み込みに障害を抱えてしまった方へのリハビリをする職種です。 

 

 

手足が不自由になることもそうですが、人とコミュニケーションを取れなくなったり、 

食べたいものを食べれなくなることも当人にとってはすごく辛いこと。 

 

 

 

リハビリの仕事ではそのような思いをしている方の言語機能や飲み込みの機能が 

少しでもよくなるよう、あるいは機能が維持できるようにリハビリをしていました。 

 

 

私が主に仕事の場としていたのが、デイケアという介護施設で日帰りで

リハビリや看護・介護、レクリエーションなどのサービスを受けるところ

でした。 

 

 

基本的には65歳以上の方が対象でしたが、中には65歳未満の若い方も

通っておられ、その中には言語聴覚療法を受ける方もいらっしゃいました。

 

 

 

 

2.言語聴覚士として現実を知ったとき

 

リハビリをする上では、リハビリを受ける方のこれまでの人生や家族・仕事のこと、

本人や家族の希望など、さまざまなことを知り、どんな支援が言語聴覚士として

最善なのかを考えることが大切でした。 

 

 

言語聴覚士として、現場に身をおいたり、勉強会などで他の病院や施設の現状を知ったり、

いろいろなご縁で障がいのある方やそのご家族と出会い、

目の前のリハビリの「現場」以外のことも徐々に知るようになりました。 

 

病院で治療やリハビリをして良くなって退院しても 

若い方で社会復帰できる方はごく限られた方のみであるという現実。 

 

 

症状を受け入れることができず引きこもりになってしまったり、 

会社側が障害を理由に雇用を断ったりする現実。 

 

 

障害のある方の介護で外に働きに出ることが出来ず、

苦しい生活を送っている家族がいるという現実。 

 

 

自分たち(親)が歳をとったときに、子ども(障がいのある子)を誰も面倒を見てくれる人が

いないという現実。 

 

 

出会ったお一人お一人が悩みや苦しみを抱えている現実を知りました。

 

 

 

 

3.自分の経験とのリンク

 

 

リハビリの仕事を通じて知った様々な現実を知った時、自分自身が病気で苦しんだこととリンクしました。 

 

 

 

私は交通事故の影響で苦しんでいた時、休日に農業をしていました。 

 

 

もともと自然の中で過ごすことが好きで、 

家族が家庭菜園をしていたこともあり、 

「自然の中に身を置きたい。リハビリがてら、野菜作りでもしよう。」

と思い、家の畑の一部を借りて野菜作りをはじめました。 

 

 

交通事故のときから苦しめられた症状と向き合いながら、

原因がわかるまで「自分はメンタルだ」というネガティブさと向き合いながら、 

自然とふれあい、自己を見つめていました。 

 

 

家庭菜園を始めたばかりの頃は、作業を始めても症状(頭痛や吐き気、手のしびれ等)が出て、

すぐ休む→また作業を始める、ということを繰り返していました。 

 

 

繰り返しながら、少しずつ体力がついてきたり、筋力がついてきたり、

食事の量が増え、睡眠も取れるようになりました。  

健康的な生活を送りつつ、交通事故の後遺症の治療を続けていくと、

それまでが嘘かのように症状が落ち着き、

日常生活が送れるようになりました。

 

 

不思議なのですが、動植物に触れ、季節の変化を感じ、自然の営みの中に

身をおいていると、今まで自分が思い悩んでいたこと、ネガティブに考えていたことも

「どうでもよくなって」いく感覚になっていきました。 

 

 

家庭菜園を続けていき、野菜もどんどん出来始めてくると、

畑に友人が来て一緒に農作業をしたり、 

家族と会話しながら作業をしたり、 

と他者とコミュニケーションを取る機会も増えてきました。 

 

 

当時、社会から孤立気味に合った私には、これがとてもプラスになりました。 

 

 

障がいのある方の現状を知ったとき、この家庭菜園をしていたときの自分の経験と

リンクしたのです。 

 

 

自分が社会へ踏み出す一歩になった農業。

その農業でいつか同じ悩みを抱えている人、障がいを持つ人たちの交流の場、働く場、

生きがいの場を創りたいと思うようになりました。 

 

 

 

これが私が農業を始める大きなきっかけとなったのです。

 

 

4.ソーシャルファームへの道 

私が農業を始めてからは、「障がいのある人もない人も自身の「何かが」かわるきっかけを創る」

をモットーに活動しています。 

 

 

その中で、障がいのある方や社会的に立場の弱いと言われる方々の就労の場をつくる

「ソーシャルファーム(社会的企業)」という形を模索しています。 

 

 

思い描いているビジョンにたどり着くには、まだまだスタートラインに立つか立たないかという

くらいの状態ですが、少しずつ着実に道を歩んでいきたいと考えています。