野菜と冷え性ー野菜の豆知識

今年の冬もとても寒い日が続いていますね。

私は若い頃からずっと冷え性に悩んでいました。

朝は手が冷たすぎて動かず、仕事もはかどりません!

着るもので対処していても、ホッカイロを貼ってもあまり効果を感じない・・・。

こんな方って結構多いと思います。

今回のブログはそんな冷え性と野菜のお話です。 

 

 

農家になって-私の経験から

パソコンなどの機械類が多い職場で夏でもエアコンが効きすぎ、 

冬は冬でやっぱり寒く、一年中冷え性に苦しんでいたサラリーマン時代でしたが、 

農家になって少しずつ改善してきているのを感じます。 

 

エアコンのある環境が減ったこともありますが、力仕事で身体の筋肉が増えたことと、 

以前より旬の野菜を食べることが多くなったからだと思います。 

 

また、冷えが減ったことで風邪をひきにくくなったり、ひいても以前より重症化しなくなりました。 

 

 

旬の野菜を食べること

その土地その土地の旬の野菜を食べると、身体によいと昔から言われていますよね。

 

旬の野菜について見てみると、

夏の野菜はからだを冷やすものが多いです。

トマトやきゅうりなどです。 

夏はこういった野菜でからだを冷やすのはいいと思いますが、冬はオススメできません。 

 

こんにちは旬に関係なく一年中いろいろな野菜が売られています。 

 

メディアでも野菜の栄養・効果を伝えているのをよく見ますが、からだにいいからといって 

本来夏が旬の野菜を冬にたくさん食べることはおすすめできません。

 

野菜は旬の季節に多くの栄養があります。 

旬以外の季節では栄養素ぐっと減りますし美味しくありません。 

 

 

 

からだを温める野菜

「からだを温める野菜」として真っ先に浮かぶのはショウガですよね。

漢方でも使われているショウガの辛味成分には新陳代謝をよくして、血行を促進する効果があります。

ネギや玉ねぎ、ミョウガ、ニンニク、シソの葉と実もからだを温めてくれます。 

 

夏はどうしても冷たい食事や飲み物を多くとってしまうため、 

実はからだの中はとっても冷えています。 

 

私の場合は「暑い」と感じていても、お腹を触ると冷たいということがよくあります。

 

夏は薬味としてミョウガや小ねぎなどを食事に取り入れるのがいいかもしれませんね。

ミョウガは刻んでネットに入れたものを、入浴剤代わりにお風呂に入れてもからだを温めるのに効果的です。

 

根野菜もからだを温めてくれます。

 

冬になると甘みを増す人参や大根、かぶ。レンコンやゴボウ、かぼちゃも効果的な食材です。

同じくからだを温めてくれる鶏肉と一緒に、根野菜たっぷりの煮物にするのがおすすめです。

味噌や醤油といった発酵調味料もからだを温めてくれます。

 

逆に上白糖はからだを冷やしますので、料理に砂糖を使う場合はコクもある黒砂糖がいいかもしれません。

冬は寒いからといってコタツに入ってばかりいないで、適度にからだを動かし筋肉をつけて、 

からだを温める食事をしていればダイエットにもなりますね。

 

いかがでしたか?

元々冷え性に悩んでいた私ですが、旬の野菜を食べて、身体を動かして

少しずつ体質が変わってきました。

冷え性に悩んでいるあなた、ぜひ参考にしてみてくださいね。