自然のバランス

先日、ふとラジオを聴いていると、 

 

 

 

「自然はバランスを保とうとする。ある時に雨がふらなければ、

 その後雨が降る。その循環なんです。」 

 

 

そう東北大学の農学部の先生がおっしゃっていました。 

 

 

仙台では、昨年夏、観測史上初の36日間連続降雨となり、

昭和9年の昭和東北大飢饉を超える記録となりました。 

 

 

この反動はいつ来るのだろうか。 

そう思っていたら、今年の夏(実際には春ころからですが)は

雨がほとんど降りません。

 

 

私たちの農園がある仙台沿岸部は、海が近いだけに雨には

縁がちょっとない地域です。  

 

 

 

気象台のデータでも「塩釜」や「石巻」と似た気候のため、

石巻のデータを参照すると、降雨量は  

 

 

6月は平年比の26%

7月も平年比を40%割る結果になりそうです。 

 

 

昨年とは真逆の天気。

まさに自然がバランスを保とうとしているかのようです。 

 

 

MITUでは夏野菜の収穫が始まりましたが、

高温と乾燥で毎日野菜に水をかけています。

 

 

収穫の始まったエダマメは花の咲く頃に乾燥が続き、

実がこぶり傾向です。 

 

 

ナスやピーマンも水をかけど、暑さと乾燥ですぐに土が乾くため、

だんだん枯れてきました。 

 

 

でも、自然というのは面白いもので、一方があまりうまくいかないと

別のほうがうまく行っていたりします。

 

 

 

スイカは、雨の量が少なく、昼夜の寒暖差もあるためか、

昨年とは異なり甘い。 

 

 

今日試しに採ったまだ少し早いスイカでも十分、

甘さを感じました。 

 

 

さつまいもも暑さと乾燥ぎみの天候で、

ぐんぐん生育しています。 

 

 

どうしても天候不順だと「今年もうまくいかない!」と

気持ちが焦ることも多々ありますが、自然を観察していると

「うまくバランス取っているんだなー」と

気付かされます。 

 

 

「天候に左右されない農業経営を」とアドバイスを

いただいたり、テレビや雑誌でも時折そのような記事を観ます。

いろいろ勉強させてもらう機会が増えてくると、

どんな経営が「天候に左右されない農業経営なのか」が

だんだんと見えてきます。   

 

 

 

今はうちの地域ではその見えてきたことをすぐに

実践するのが難しい、という大きな壁もあります。

 

 

MITUは正直な話、昨年設立以来、

昨年は長雨、

今年は日照り、で

会社の経営が非常に危ない状況です。 

 

 

そんなときだからこそ、自然と向き合い、

自分たちと向き合い、見つめ直す時。 

 

 

MITUの根っこにある「元気を届ける」という目標を

掘り下げて掘り下げて、深く根が張れるように、

活動を続けていきます。

関連記事

  1. スイートソルガムからどんなふうにシロップにするの?

  2. 農家はやめたほういいんじゃない?その1

  3. 農業と福祉のお話その4−農家が受け入れるときのポイント

  4. 暖冬で野菜が安い?廃棄するなら寄付?

  5. じゃがいもの植え付け!―農福連携の話

  6. 日照不足と日々の試行錯誤

最近の記事

カテゴリー